検索

2016年7月26日【ブログ】人はいつでも、その瞬間にはベストの選択をしている。

「わたしの使命はわたしだけの宝物」

昨日、久しぶりにメッセージをくれた友人がわたしに、この言葉をプレゼントしてくれました。

すごく、すごくね。嬉しかった。元気になれた。

だって。わたしにもまだ、やっぱり心の奥底に過去を受け入れられない思いがあるから。

こんにちは。

ハピネスシャイニング 心理カウンセラーの岡久 理恵です。

わたしにもね、まだ心の奥底に過去を受け入れられないもう一人の自分がいる。

奥の、奥の、奥の方に。

その奥底にいるもう一人の自分が、たまにメッセージを送ってくれるのです。

「リエちゃん、無理しないで。がんばったらダメだよ。」って。

うん、でも。普段その子は、無意識の心のお部屋の中でおとなしくしています。

だから、意識下のわたしは自分のことを認めることができていて。

受け入れることができていて。

どんな自分にもOKを出すことができています。

自分のことが大好きです。

たまにというのは… なにか新しいことを始めようとしたとき。

心の奥底の、もう一人のわたしがわたしを守ろうと必死になる。

過去の傷ついた経験を、その思いを、もう二度と感じずに済むように。

病気をせずに、障がいのないわたしだったら今頃どんな人生なのかな?

もしかして、倒れた時にもっと早く病院に行っていたら障がい残らなかったのかな?

あの時、学校の放課後に友達と遊んでいなかったら違ってたのかな?…って。

やっぱり、たまに考えてしまいます。

でもね、わたしはすぐにフォーカスを変えることができる。

きっと、生きていたら誰にでもあるのではないでしょうか。

過去を後悔してしまうこと。

・あの時、別の学校に入学していたら…

・あの時、友達にあんなこと言ってなかったら…

・あの時、もっと自分の思いを伝えられていたら…

・あの時、あの会社に入っていなかったら…

・あの時、あの人と別れていなかったら…

・あの時、あの人に好きと伝えていたら…

・あの時、あの人と結婚していなかったら…

だけど、過去を後悔するというのは、その時その選択をした自分を否定しているということ。

こんな言葉があります。

**************************************************

人はいつでも、その瞬間にはベストの選択をしている。

**************************************************

そう、その瞬間にはベストの選択をしていたあなたがいるのです。

その時その選択をした自分を肯定してあげてくださいね。

つまり、自分の中の×印を○印に変えてあげるということ。

過去の自分を受け入れて、認めて、信じてあげてほしいのです。

その時その選択をしたあなたを大切にしてあげてください。

そしてね、その時、その選択すべき出来事が起きたのはあなたの人生に必要だったから。

人生には、必要な出来事しか起こらないのです。

その出来事を経て、得た人生があなたの宝物なのです。

その出来事によって、得ることができたもの

そして、その過去が与えてくれたものに目を向けてみてください。

ほら、何となく気づけたような気がしませんか?

今はまだ、分からない。そんなあなたも、必ず気がつける時が来ます。

だって、あなたの使命はあなただけの宝物なのだから。

☆それでは、また。今日も最後までお読みいただいてありがとうございました☆

copyright (C) 2015 HAPPINESS SHINING All rights reserved. / design by fusiongraphic