検索

2016年10月1日【ブログ】あなたは、『普通』という言葉をよく使いますか?『普通』という言葉の意味。

『普通』という言葉。

わたしの中にはない感覚の言葉なんです。

だからね ご一緒している方が、この言葉を使うと

とても、とても疑問に感じてしまい。

つっこんで色々聴いてしまうのです。

こんにちは。

ハピネスシャイニング心理カウンセラーの岡久 理恵です。

「普通じゃないですよね、わたし可笑しいですよね。」

という言葉。よくお聴きするのだけど、なんだか悲しく

なってしまうのです。

なぜなら、普通なんてないと思うから。

普通なんてないのです。

『普通』という言葉はあっていいの。

普通とは「変わったところのないこと」です。

でもね、『普通』をみんなの「あたりまえ」のようにして

お話しするのは、あまり好きではないかなって

そんな感じなんですね。

そして、「あなたは、普通じゃないと思ってるんだ。いいよ。

でもね、普通なんてないんだよ。」ということをお伝えします。

するとね、たいていのお方が「ハッ」とした表情の2~3秒後に

安心した穏やかな表情になるのです。

わたしが、カウンセリングをやっていていちばん嬉しい瞬間は、

この『表情の変化』を見れたときなんです。

穏やかな表情、安心した表情、ご本人が本当に大切なものに気がついて

流れる涙は本当に、本当に綺麗です。

「普通」なんて、ありません。

わたしも、「普通」ではありません。

みんなも「普通」ではありません。語弊があるかもしれませんが、

みんな、みんな、この世にたった一人のかけがえない存在で

そして、オンリーワンの存在です。

人それぞれに、その人だけがもっている資源があって

その資源を、宝石の原石のように輝かせて生きているのです。

だから、みんな普通ではないのです。

一般的な正義や、一般的な基準にあてはまめて『普通』でいようとする

必要なんてありません。

誰もが、やりたいことをやって、好きなことだけやって、好きな人生を

生きる権利があるのです。

また、『ワガママ』とは自分勝手な様子のこと。

この『ワガママ』という言葉にもわたしは疑問を感じてしまいます。

『ワガママ』なんてない。ワガママだと思っている人は、自分を大切に

できている人です。

☆★☆

私と小鳥と鈴と

私が両手をひろげても

お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥は私のように

地面を早く走れない。

私が体をゆすっても

きれいな音はでないけど

あの鳴る鈴は私のように

たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

(金子 みすず)

☆★☆

わたしの大好きな詩です。

☆それでは、また。今日も最後までお読みいただいてありがとうございました☆

copyright (C) 2015 HAPPINESS SHINING All rights reserved. / design by fusiongraphic