検索

2017年9月2日【ブログ】周りの価値観やジャッジは関係ない。大切なのはその人らしさと個性。自分を大切に生きること。

ふと思い出した私のこと。

思春期の頃の私のこと。

私もそうだった!

世の中に対してたくさんの、ほんとうに

もうたくさんの。

不信感と不満をもっていた。

一般的に良くないとされていること。

一体どれくらいのことがあるんだろう?!

こんにちは。

ハピネスシャイニング&アイシャイン

心理カウンセラーのおかひさりえです。

世の中の価値観。

世の中のジャッジ。

個人の価値観。

個人のジャッジ。

それ、本当に正しいことなのかな。

学校に行かなければならない

会社に行かなければならない

安定した仕事に就かなければならない

さぼったらいけない

怠けたらいけない

努力しなければならない

頑張らなければいけない

きちんとしなければいけない

お行儀よくしなければいけない

相手の期待には応えなければいけない

・・・

・・・

・・・

山ほどある。

でも、それ。

本当に正しいことなのでしょうか。

個人の

「そんなことしてはいけない」

「こうすればいいのに」

は、個人の基準。

育ってきた環境が影響している場合も。

もちろんそうやって生きてきた

その人もたくさんの努力をして

葛藤を抱えて、精一杯生きてきた。

それは、素敵なこと。

だけれど。

個人の基準や価値観は

他の人と違う。

それぞれに、考え方や違う環境や

価値観がある。

それを、「良い」「悪い」とするのは

その人の心が反応しているだけのこと。

そして、そう考えれば考えるほど

私はあることを思うのです。

一般的に良くないとされていること。

それは、大多数の人たちの心の反応が

一般論となっているだけのことなんじゃないか。

って。

大切なのは、その人らしさと個性と。

ひとりひとりが自分を大切に生きること。

誰にも、オンリーワンの個人を

批判したり否定したりする権利はない。

「自分」を一生懸命に生きていれば。

「人生」に感謝して生きていれば。

周りの人を自分の基準でジャッジする必要も

ないんじゃないかって 思うのです。

最近、ある人と話していて思い出したこと。

中学生の私も学校に通うのが苦手だった。

言葉はまだなかったけれど、不登校だった。

転校を繰り返していた私は、誰も知っている人が

いない環境に飛び込むのが苦手だった。

とても、とても怖かった。

受け入れてもらえるのか。

仲間はずれにならないか。

気があう人はいるだろうか。

友達はできるだろうか。

どう思われるのか。

転校すると、予想どおり馴染めなくて孤立。

言葉があらい方言も怖かった。

登校から下校までを1人で過ごすなんて

私にとってはあたりまえだった。

唯一の友達は、興味もないただ1冊の本。

集団での生活。

慣れない教室。

怖いクラスメイトたち。

「休んではいけない」というルール。

不信感と不満ばかりがふくらんで。

それでも「行きなさい。」と

容赦なくかけられる言葉の数々。

苦しかったはずなのに。

悲しかったはずなのに。

つらかったはずなのに。

「ごめんなさい。」

それしか言えなかった当時の私に

声をかけてあげたい。

「無理して行かなくてもいいよ。」

誰かが、この言葉を当時の私にかけて

くれていたらどんなに楽になれただろうか。

でも、大丈夫。

今の私は、当時の私をしっかりと

抱きしめられているから。

苦しかったね。

悲しかったね。

つらかったね。

世の中の価値観。

世の中のジャッジ。

個人の価値観。

個人のジャッジ。

そんなものは関係ない。

大切なのは。

その人らしさと個性と。

ひとりひとりが自分を大切に生きること。

誰にも、オンリーワンの個人を

批判したり否定したりする権利はない。

「自分」を一生懸命に生きていれば。

「人生」に感謝して生きていれば。

周りの人を自分の基準でジャッジする必要も

ないんじゃないかって 思うのです。

それでは、また。

今日も最後までお読み頂いてありがとうございました。

P・S

最近ね、いろんな気づきがありました。

私は、これから「自分らしさ」を大切に生きていきます。

もちろん、心理カウンセラーとして伝えたいことは

これまでと変わらずに伝えていきます。

だけど、私の想いを中心に。

私が伝えたいことをありのままに。

いつもお読み頂いてありがとうございます。

★これからもよろしくお願いします★

♡♡♡ ハピネスシャイニング&アイシャイン 心理カウンセラー★りえ

アイシャイン「心とカラダをつなぐ心理カウンセラー

養成講座」について詳しくはこちらから。

DATA

『心とカラダをつなぐ心理カウンセラー養成講座』のご案内EndFragment