検索

自分の心の声に耳を傾けよう。-自分を大切にする方法 Vol.1-


あなたの毎日が、今の苦しみや悲しみから解放されて笑顔で心軽く過ごせるようになったら。

どんな人生になりそうですか?

あなたの「今」は、どう変化しますか?

こんにちは。

ハピネスシャイニング 心理カウンセラーのおかひさりえです。

少し考えてみてください。

今の苦しみや悲しみから解放されるために必要なことってなんだと思いますか?

嫌いな人がどこかへ行って居なくなること?

仕事の内容が変わって自動的に嫌な仕事から解放されること?

嫌だと思っていたことが、周りの環境が変わって解放されること?

もちろん、それもあるかもしれませんね。

だけど、違うんです。これらは、すべて自分の外側が変わることで得られる解放。

真に、今の苦しみや悲しみから解放されるために必要なことは、外側を変えることではなく、自分の内側を変えることなんです。それに。

周りを変えようと思ってもなかなか変わりませんよね。

じゃあ、自分の内側を変えるとはどういうことなのか?

自分の内側を変えれば、どんな周りの状況も見方が変わって心が対応できるようになります。周りは変わらないけど、自分の中の捉え方が変わる。

そんな感じです。

そうなれたら、とても楽ですね。

自分の内側を変える方法。いくつかあるんですが、今日はその1つめをお伝えします。

★自分の心の声に耳を傾け、心が思うことを必ず優先する。決してないがしろにしない。無視しない。

例えば。

約束があるんだけど、なんか今日は行きたくないな・・・、あの人に逢いたくないな・・・

そう思うことってありますね。

その「なんとなく」感じるモヤモヤした思い。

それが心の声です。

多くの人は、そんな時、その心の声を無視して行かなければならない、相手の期待には応えなければならない、と。約束を優先します。義務感や正義感が、あなたをそうさせるのですよね。

だけど。

これでは心の声と実際の行動とに差が生じています。

その結果どうなるかというと、無意識の中で自分への不信感が増します。不信感が増せば、少しずつ自分軸ではなく他人軸になっていく。

他人軸になればなるほど、自分を大切にできなくなるのです。

心の声が聴こえたら、その声に耳を傾けて、なかったことになんかしないで、心が思うことを必ず優先し、実行することを心がけてくださいね。

心の中のもう一人の自分がいつでも笑顔にいられるように。

心の声を必ずキャッチして。

なぜそう思うのか。

どうしたらいいのか。

何を選択すれば、幸せでいられるのか。

穏やかでいられるのか。

決して、ないがしろになんかせずに心で感じてみてください。

心が思うことを必ず優先し、実行する。

小さな行動の積み重ねが、大きな自分への信頼となり、自分軸になる。

自分を大切にできるようになります。

そして。

行きたくなければ行かない。

逢いたくなければ逢わない。

それを選択する自分のことを許してあげてください。大きな大きな愛で、自分を包んであげてくださいね。誰かを愛するように自分を愛するのです。

小さな自分との約束を守っていたら必ず、自分の内側が変わって、今の苦しみや悲しみから解放される時がきます。

自分というかけがえのない存在を、大切にすることができるようになるのです。

Vol.2に続きます。

今日も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

------------------------------------------------------------

苦しい思いをしてきた、辛い人生を送ってきた。誰よりもがんばってきたあなただからこそなれる。あなたも『心理カウンセラー』になって、人を笑顔にしたり、楽に生きられるお手伝いをしませんか?

自分も輝く人生へとシフトして、周りの人にも輝く人生へとシフトするお手伝いができる。

カウンセラーって、とても素敵な仕事です。

ハピネスシャイニングの心理カウンセラー養成講座では、コーチングの基礎もお伝えするオンリーワンの講座です。

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

ハピネスシャイニング

「心理カウンセラー養成講座基礎コース」

※カウンセリング・心理学を初めて学ぶ方向け

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

ハピネスシャイニング

「心理カウンセラー養成講座応用コース」

※基礎コースを修了した方向け

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

-------------------------------------------------------------

copyright (C) 2015 HAPPINESS SHINING All rights reserved. / design by fusiongraphic